2018年4月9日(月) 太田プロ月笑ライブ報告

2018年4月9日(月) 太田プロ月笑ライブ報告

あるアイデアが頭に浮かび、「新しい」と思っても、ネットで調べたらもうやっている人がいた。そんな時代なのにも関わらず、次から次へと「新しい」ネタが生み出されていることに驚いています。今年2月に開催された月笑開幕戦の企画コーナー『今年推しの若手紹介しますSP』に登場した「宮下草薙」が、Jr.ライブで1位となり、早くも月笑本編に登場!新しい漫才スタイルと強烈な個性で、月笑に新しい風を吹き込みます!その他にも、押したい若手が何組もいることが嬉しくってたまりません。

三手観音前説を、しらすのこうげき!が担当。女装男子の“ひより”と、Twitter内で「♯1日1神木」というハッシュタグを使い、自身を神木隆之介さんだと言い張る画像などを発信して炎上の糟谷。天然系?で情緒不安定な糟谷と、見た目とは裏腹に少し低い声で冷静に話すひより。「何故、コンビを組むことになったのか?」など、質問してみたいと思ってしまう不思議なコンビだ。

MCタイムマシーン3号、アシスタント窪真理MCを担当したのは、インスタントジョンソン。進行役のスギ。、自由気ままにボケるじゃいに、真面目なゆうぞうの的確なツッコミ…この3人が醸し出す空間はいつも、遊び心がありながらも安定感抜群で楽しい。

早速、G2コーナーからネタバトルスタート!

G2コーナーは、それもまた一興/サイトウズ/宮下草薙/ワールドヲーター/パーマ大佐/マシンガンズ/はなびの7組。

初登場のそれもまた一興は、誰かが落とした財布をみつけたシーンから始まるコント。よくある展開と思いきや…。前説で登場したことがあるサイトウズは漫才で、「飼い犬が蒸発した」と言い出す。宮下草薙は、草薙が同級生の結婚式に出席して欲しいと誘われる。ネタ後、インスタントジョンソンのスギ。が、「袖の芸人も大爆笑!でも一人、笑ってない人がいた。マシンガンズの西堀。『売れるわ』って嫉妬で…」と明かす。西堀が嫉妬で震える程、宮下草薙は観客の心を掴んでいた。ワールドヲーターは、supercellさんの『拍手喝采歌合』で踊る。パーマ大佐は、警察官役。パーマ大佐だからこそできる“仕掛け”に驚く。マシンガンズは、ゴミ清掃員として働いている滝沢が西堀に「俺のことをライブに誘うな!」と怒り狂い、本音を吐く。はなびは、体育館裏に呼び出して告白するシーンから始まる、予想外の展開のコント。2月に開催された開幕戦で彗星の如く現れたはなびは、コントによってキャラやツッコミ役をかえるなどのオリジナリティが光っていた。

それもまた一興 サイトウズ 宮下草薙 ワールドヲーター
それもまた一興 サイトウズ 宮下草薙 ワールドヲーター
パーマ大佐 マシンガンズ はなび  
パーマ大佐 マシンガンズ はなび  

ここでゲストコーナーとなり『ハナコ』(ワタナベエンターテインメント)がコントを披露!

エンディング次の企画コーナーでは、恋愛マスターとして恋愛本を出版したあの“くじら”が『恋愛相談室』を開催した。じゃいがくじらの恋愛本を手にしながら、本の中で紹介された恋愛の悩みを抜粋する。元彼を忘れられないという相談にくじらは「元彼なんて特別視しないで、どこにでもいる普通の人だ。元彼なんて、地球のエキストラだ!」とアドバイス。すかさず、じゃいが「今、彼氏がいる人は?彼のことエキストラだと思えばいいの?」と質問し、「それじゃダメでしょ!恋愛というのは、今付き合っている人をどんどん最強にしていく作業だと思うんです」と、くじら。すると、じゃいが「じゃあ、今付き合っている彼が、エキストラのバイトをしている場合はどうなんですか?」と尋ね、会場大爆笑!「だから……お笑いじゃねぇんだよ!」と、強く注意するくじらだった。

三手観音その後、一人のお客さん(18歳・大学生の女性)に、舞台に上がっていただき、くじらに恋愛相談をしてもらう。「特定のアイドルが好きで、出会う男性をそのアイドルと比べてしまって、身近な人を好きになれない」という悩みに、くじらが「アイドルの彼のことを、実際には知らないと思う。アイドルの彼は、あなたのために時間を作ってくれた訳ではないのだから…」とアドバイスしている最中、舞台上では悩み相談をしてくれたお客さんとインスタントジョンソンが笑い転げている。そんなタイミングで、急いで席を立ち、走って外に出るお客さんが客席にいたことから「あのね、トイレ行くのやめてくれる?」とくじらが客席に話しかけ、大きな拍手笑いが起こり、『くじらの恋愛相談室』は終了!

 

次はいよいよ、G1コーナー!ストレッチーズ/ぐりんぴーす/やさしい雨/火災報知器/パニーニ/さすらいラビー/アイデンティティの7組が登場!

ストレッチーズは、近所のレンタルビデオ屋でドラマ「やまとなでしこ」のDVDを借りようとした福島に起きた小さな事件を、ダイナミックな漫才にする!ぐりんぴーすは、動物好きな牧野が動物番組のナレーションをやってみる。やさしい雨は、教育実習生と現役教師の会話。吉本の思考がもたらす、言葉を巧みに操るやさしい雨じゃないとできないコント!火災報知器は、高松が犬の散歩をしていると、偶然出会った小林に話しかけられる。初対面の小林の言動に、高松は戸惑いながらも仲良くなっていく。パニーニは、『出没!アド街ック天国』『おかあさんといっしょ』『SASUKE』など、テレビ番組シリーズでショートものまね。さすらいラビーは、満員電車で痴漢に間違えられたらどうなるか。痴漢扱いされた宇野は、アメリカのアニメのようなコミカルなキャラクター達に振り回される。アイデンティティは漫才で、“野沢雅子さんのテーマパーク”をつくりたい!

ストレッチーズ ぐりんぴーす やさしい雨 火災報知器
ストレッチーズ ぐりんぴーす やさしい雨 火災報知器
パニーニ さすらいラビー アイデンティティ  
パニーニ さすらいラビー アイデンティティ  

 

インスタントジョンソン
インスタントジョンソン

次はレギュラーコーナー!インスタントジョンソンが、ゆうぞうが兄(じゃい)を大学の同級生(スギ。)に紹介したところ、兄が自信満々で雑学を披露する。ひょうひょうと話すじゃい、面白がるスギ。、アドリブだったのかは不明だがゆうぞうが本気で笑いを我慢しようとしているシーンも印象的だった。

エンディング出演者が登場し告知をした後はやっぱり、インスタントジョンソンゆうぞうの「ありがとちゃ〜〜〜ん!」で、4月の月笑は幕を閉じた。

次回の月笑は5月14日(月)。月笑の新しい風を感じてください!お待ちしております!
(ライター:西田有希)

西田有希:1982年徳島県生まれ。2008年に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞をきっかけに、本格的に執筆活動を開始。またお笑い界にも精通しており、ライブリポートも数多く発表している。著書に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞作品を収めた「ファン」(主婦と生活社)がある。
Share on Facebook

PAGETOP