2016年5月16日(月) 太田プロ月笑ライブ報告

2016年5月16日(月)太田プロ月笑ライブ報告

今年も豪華な月笑パンフレットの第1号を手にし着席すると、お馴染みとなった占い芸人・ほしのゆきによる“前説の前説”が始まりました。今月は、珍しい手相線を紹介します。インスタントジョンソンじゃいには、くっきりとしたギャンブル線があり、くじらには天下取りの線とドスケベ線があると判明!

次に登場したのは、月笑初登場のフィルダースチョイス。同じ中学でバッテリーを組んでいた同級生2人が、初々しい前説を行いました。フィルダースチョイスは、太田プロJr.ライブに出演中。まだ見ぬ原石を発掘に、Jr.ライブにも是非お越しください!

オープニング  先月1位はもちろん、タイムマシーン3号。ですが、スケジュールの都合により先月2位のアルコ&ピースがMCを担当。アシスタントは笹木香利。笹木が本日のゲストの名前を発表すると、「ヤバイね!芸歴2兆年の人でしょ?」とアルコ&ピースが騒ぎ出し「生で見るハリウッドザコシショウはヤバイですよ!」と歓喜する。「ハードル上がっちゃいますよ?」と笹木が心配すると、「芸歴2兆年だからそれを超えてくる!」と宣言した。次に、ディズニーシーの人気アトラクション「ストームライダー」が本日で運営終了になったため「ストームライダー」の話を平子が延々としてしまい、呆れる笹木と酒井。

そんな平子の話をさえぎるようにGⅡコーナーが始まった!

GⅡコーナー、くじら/青色1号/末吉くん/ヴィンテージ/パニーニ/アンバランス/新宿カウボーイ/サイクロンZ/ガッチキール/やさしい雨の10組が登場した。
くじらは、後輩たちとのステキな思い出を振り返る。青色1号は、誕生日に彼女と食事に出かける。彼女が席を外した隙に、店員に話しかけられたことから展開していくコント。末吉くんは、冒頭で観客に感謝の言葉を述べ深いお辞儀をする。 “古舘伊知郎”から十八番の“平泉成”まで、様々な人をものまねした。ヴィンテージは、引っ越しの話題。住みたい場所を提案されるも、武井は…。昨年5月に月笑初MCを経験したパニーニは、この一年でメディア出演が増えた。お馴染みとなった“空耳アワー”や“SASUKE”、他にも新ネタが目白押しだった。アンバランスは漫才中、今付き合っている山本の彼女のことを発表する。もし再婚したら、結婚式の司会をやりたいと黒川は言い出す。新宿カウボーイのいつものペンのくだりは、新幹線。漫才の題材も新幹線だった。本日の出た目は“3”。サイクロンZは、ビギン!ナウの芳賀といのけんをアシスタントに従え、覚えたてのマジックを勢いとノリだけでやってみる。ガッチキールは、ある理由で、コント中に相方と100回キスをすることに!キスキスキス…キスの嵐だった。やさしい雨は、コント「拝啓 宮沢賢治様」。マッサージを受ける松崎が、不穏な声を上げる。コントタイトルの意味が、だんだん分かる展開に!

くじら 青色1号 末吉くん ヴィンテージ
くじら 青色1号 末吉くん ヴィンテージ
パニーニ アンバランス 新宿カウボーイ サイクロンZ
パニーニ アンバランス 新宿カウボーイ サイクロンZ
ガッチキール やさしい雨    
ガッチキール やさしい雨    

ここでいつもはゲストコーナーだが、今月は特別編成でGⅠコーナーが始まる。

GⅠコーナー、せきらら/インスタントジョンソン/風藤松原/パーマ大佐/トップリード/火災報知器/アイデンティティ/アルコ&ピース/タイムマシーン3号の9組が登場した。
せきららは、主役の人気声優の遅刻に立腹する大御所声優。収録が始まると…。インスタントジョンソンは、昨年12月の月笑クライマックスシリーズで見せたオマージュ漫才ではなく、サイコパステストを題材にした“初めての漫才”を披露した。風藤松原は、松原が“あるある”と思う事。パーマ大佐は、勝手にストーリーを妄想し “おべんとうばこのうた”の続き歌を披露した。トップリードは、ある夫婦の日常をコントに。泥酔状態で帰宅した夫の世話をする妻に微笑ましい笑いが起こる中、「腰つった!マジで!」と新妻が叫ぶハプニングもあった!火災報知器は、夢の国でバイトをするお兄さんが、“伝説の高松先輩”だったことに驚く小林。アイデンティティは、“野沢雅子”と人造人間17号が漫才をする。アルコ&ピースは、面接時の本音と建前。本音を叫ぶ平子、面接官の酒井は次第に巻き込まれていく。タイムマシーン3号は、まず、大人が楽しめるような悪者が主人公の映画があると紹介する。ある主人公を悪くしてみたらもっと楽しめるのではないかと、ブラックな漫才をやってみる。

せきらら インスタントジョンソン 風藤松原 パーマ大佐
せきらら インスタントジョンソン 風藤松原 パーマ大佐
トップリード 火災報知器 アイデンティティ アルコ&ピース
トップリード 火災報知器 アイデンティティ アルコ&ピース
タイムマシーン3号      
タイムマシーン3号      

カレンダーガールネタコーナーが終わると、『太田プロ!マニアックものまね選手権』が始まった。このコーナーは、マニアックものまね大好き芸人13組の中から新の太田プロマニアックものまね王を決定する。

怒涛の13連発がスタート!ギャルズの戦艦蓮見。は、下北沢の駅前でよく見かける漫画を朗読する人。赤プルは、茨城のスナックのママ。薄幸(すすきみゆき)は、JR埼京線で見かけたヤバイ人。ガッチキールは、走るオタク。こじらせハスキーのドイツみちこは、新小岩のスナックのチーママのたばこの吸い方。パーマ大佐は、「グッディ!」の“安藤裕子”。パ二ーニ飯沼は、ナレーションものまね。アイデンティティ見浦は、格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ」。本日は晴天なりは、CDジャケットの“和田アキ子”。インスタントジョンソンゆうぞうは、ある番組で街の洋品店のおばちゃんに大胆に道を尋ねる“石倉三郎”。360°モンキーズの山内は、「まんが日本昔ばなし」にあるシーン。古賀シュウは、お見合い番組に出演しインタビューする“佐藤B作”。くじらは、佐川急便スターシリーズ。

戦艦蓮見。 赤プル 薄幸 ガッチキール
ドイツみちこ パーマ大佐 パ二ーニ飯沼 アイデンティティ見浦
本日は晴天なり インスタントジョンソンゆうぞう 360°モンキーズの山内 古賀シュウ
くじら      

お客さんに審査していただくため、良かった組に拍手をしてもらう。天下取りの手相線があるくじらは唯一、本ネタだったにも関わらず及ばなかった。ガッチキール、アイデンティティ見浦、本日は晴天なり、古賀シュウが決勝へ進出!熱戦の結果、ガッチキールが新・太田プロマニアックものまね王に輝いた!2本目もオタクネタで1本目を超えるかのようなクオリティー。ガッチキール穴井が「助かりました」とコメントしていた。

ガッチキール アイデンティティ見浦 本日は晴天なり 古賀シュウ
ガッチキール

今月は特別編成のため、最後にゲストコーナーとなる。柳原可奈子(太田プロ)が様々な女を演じ、R−1チャンピオン『ハリウッドザコシショウ』(ソニー・ミュージックアーティスツ)が誇張ものまねを披露し、狂気的な笑いが鳴り響いていた。

エンディングで柳原可奈子が「(ザコシショウの)目が綺麗!」と絶賛するなど『ハリウッドザコシショウ』の話題で持ちきりとなる。前々からの持ちネタである“赤プルものもね”を赤プル本人と並んでやり、大爆笑をかっさらうシショウ。「流石、芸歴2兆年!」と思わせるパワーがあった。

次回の太田プロライブ月笑は6月13日(月)。笹木がアナウンスしていたが、4月の月笑をきっかけに番組出演が決まった若手もいます。スター芸人の登竜門ともいえる月笑に、またお越しくださいね!
(ライター:西田有希)

西田有希:1982年徳島県生まれ。2008年に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞をきっかけに、本格的に執筆活動を開始。またお笑い界にも精通しており、ライブリポートも数多く発表している。著書に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞作品を収めた「ファン」(主婦と生活社)がある。
Share on Facebook

PAGETOP