2016年7月11日(月) 太田プロ月笑ライブ報告

2016年7月11日(月)太田プロ月笑ライブ報告

ホシノユキいつもの前説の前説は、ホシノユキ。今月は“手相でわかる恋愛傾向”を紹介します。月笑メンバーの中で、肉食系なのはアルコ&ピース酒井、恋に恋する夢子ちゃんで乙女全開なのは末吉くんだと判明!本人に話を聞くと、奥さんからの見返りは一切ないのだが奥さんの誕生日プレゼントを毎年家のどこかに隠して楽しんでいるくらいなので、当たっているのだそう。ドMなのは、サイクロンZ。こちらも当たっていた。真意不明だが、本日MCのアシスタントを務める窪真理は、流されやすい手相なのだそう…。

ばくれつパンダ次は、5年振りに前説を務めたばくれつパンダが登場!客席を太田プロチーム、月笑チーム、“サンミュージックGETライブチーム”の3つに分け、拍手の練習をするなどして盛り上げます。会場が十分にあたたまったところで、月笑スタート!

オープニング MCは先月1位のタイムマシーン3号。アシスタントは窪真理が担当した。タイムマシーン3号関が「ゲストのななめ45°の下池の奥さんは、うちの奥さんと同じ中学校のソフトテニス部だったんです。その辺も見て欲しいな!」と、意外な事実を明かし会場が笑いに包まれる。オープニングの後、ネタバトルスタート!

GⅡコーナーは、ぐりんぴーす/青色1号/ビギン!ナウ/アンバランス/ガッチキール/末吉くん/やさしい雨/パニーニ/新宿カウボーイ/アイデンティティの10組が登場した。
ぐりんぴーすは、猫を飼いたい牧野が本当に猫好きかどうかを、不思議な山手線ゲームで確かめてみることに…。青色1号は、刑事二人が、ある事件の謎について激論する。ビギン!ナウは、万引き犯とコンビニ店長のコント。万引きされたのは、ある意外な物だった。アンバランスは、芸能人だからワイドショーの突撃を受けてみたい山本。「レポーターに追いかけられてみたい」で、漫才。ガッチキールは、ある有名社長の高校時代を、妄想コントに仕立て上げた。「恐縮します!」と元気に登場した末吉くんは、北村総一朗さんやみのもんたさんなど様々な人のものまね。やさしい雨は、会社のコンプライアンス相談室で起こったある不穏な出来事。パニーニは、“警視庁24時”など、今後シリーズとなりそうな新ネタいっぱいのショートものまね。カバディをしながら登場した新宿カウボーイは、病院に行った話。本日のサイコロの出目は “3”。アイデンティティは、お馴染みとなった声優・野沢雅子さんのものまねではなく、早口言葉を題材にした漫才を披露した。

ぐりんぴーす 青色1号 ビギン!ナウ アンバランス
ぐりんぴーす 青色1号 ビギン!ナウ アンバランス
ガッチキール 末吉くん やさしい雨 パニーニ
ガッチキール 末吉くん やさしい雨 パニーニ
新宿カウボーイ アイデンティティ    
新宿カウボーイ アイデンティティ    

ゲストコーナーでは、『平野ノラ』(ワタナベエンターテインメント)、ななめ45°(ホリプロコム)、柳原可奈子(太田プロ)の3組が、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

そしていよいよGⅠコーナーとなり、風藤松原/パーマ大佐/マシンガンズ/トップリード/サイクロンZ/火災報知器/インスタントジョンソン/アルコ&ピース/タイムマシーン3号の9組が登場した。
風藤松原は、ホームステイを受け入れてみたい風藤家にカタコトの日本語を話す外国人・松原やって来た!パーマ大佐は、「同じ歌詞でも曲調次第で全く違う曲に聴こえる」と、アニメソングをかっこよく歌うなどしてアレンジした。まるでコンサートのようなパーマ大佐ワールドに魅了される。マシンガンズは、石原さとみさんとプラトニックな恋がしたい!二人で夏祭りに出かけると…。青春すぎて胸キュン必死の漫才だった。トップリードは、友人の死を悼む和賀。ドラマを見ているかのような展開のコントに、惹きつけられた。サイクロンZは、唸ると物体を瞬間移動してしまう能力を身につけた。火災報知器は、10年間勤務したバイトリーダーが居酒屋の店長に「バイトを辞めたい」と言い出した。その驚くべき理由はというと…?インスタントジョンソンは、スギ。がある山に行き“ある達人”にインタビューする。そこで、驚くべき光景を目にしてしまう。アルコ&ピースは、平子に「メリーさんの電話」がかかってきたらどうなるか!?タイムマシーン3号は、道に高そうな財布が落ちていたらどうするか?天使と悪魔、その他いろいろな葛藤を漫才に巧みに取り入れた。

風藤松原 パーマ大佐 マシンガンズ トップリード
風藤松原 パーマ大佐 マシンガンズ トップリード
サイクロンZ 火災報知器 インスタントジョンソン アルコ&ピース
サイクロンZ 火災報知器 インスタントジョンソン アルコ&ピース
タイムマシーン3号      
タイムマシーン3号      

企画コーナーは『今夜決定!月笑2016イケメン&ブサメンランキング!』と題し、イケメン芸人1位とブサメン芸人1位を決定する!

先月に引き続き、オーガナイザーとして意識高い系IT社長の瀬良明正が登場!「見た目というのは、ビジネスに置いては、最初に出す名刺くらい大事なこと。どれだけ自分を高めてきているか、それを見せていただきたい!」と語った。

イケメンランキングイケメンランキングにエントリーしたのは、酒井(アルコ&ピース)、木坂(パニーニ)、吉本(やさしい雨)、西堀(マシンガンズ)、田島(アイデンティティ)、スギ。(インスタントジョンソン)、風藤(風藤松原)、長嶋(ダーリンハニー)、石沢(新宿カウボーイ)、高松(火災報知器)の10人。ワイルドだったり、かわいかったり…いつもの月笑では見せない表情や仕草で自身のイケメン度をアピールした。その中で、覚悟が違ったのは赤ふんどし一丁で踊る風藤だった。「彼の覚悟を一番感じた瞬間なんですけど、出てくる瞬間に袖で心臓を2回ポンポンッと叩いていたんです」と瀬良社長ベタ褒め!多数のお客さんの支持を得た風藤がそのまま優勝と思いきや…瀬良社長と風藤とのシード戦が行われる展開になってしまい、「所属事務所が一番、雑な扱いですね」と吐露しながらも袖にはける瀬良社長。再登場しなければいけなくなった風藤は、「えっ…俺も!?」と驚き会場大爆笑!

シード戦では、シャツをギュッと結んだ先攻・瀬良社長の華麗なウォーキング、後攻・風藤の男気溢れる肉体美に魅了された。会場投票の結果、太田プロイケメンNo.1は風藤松原の風藤に決定!

ブサイクランキングもう一つのランキング、ブサイクランキングにエントリーしたのは、くじら、アイデンティティ見浦、やさしい雨松崎、風藤松原松原、パーマ大佐、新宿カウボーイかねきよ、アンデスバギー瀬戸の7人。一瞬でアンデスバギー瀬戸の強烈キャラにやられてしまったお客さん。一番ブサイクだと思う人に拍手をしていただくよう観客にお願いすると、アンデスバギー瀬戸に大拍手が巻き起こった。太田プロブサイクNo.1はアンデスバギー瀬戸に決定!

エンディングエンディングでは、柳原可奈子が「早速、柳原会に入れたい」とアンデスバギー瀬戸にお誘いをしたり、瀬戸がくじらに「スベッてない!スベッてない!」と声をかける場面もあるなど、新キャラにやられっぱなし!
7月の月笑も、賑やかに幕を閉じた。

次回は、9月12日(月)に開催!8月はお休みです、9月にまたお会いしましょう!!
(ライター:西田有希)

西田有希:1982年徳島県生まれ。2008年に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞をきっかけに、本格的に執筆活動を開始。またお笑い界にも精通しており、ライブリポートも数多く発表している。著書に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞作品を収めた「ファン」(主婦と生活社)がある。
Share on Facebook

PAGETOP