第2回ゲスト北野武さん

有吉弘行の部屋

写真有吉弘行の意気込み
これは聞き上手日本一を目指す僕が、様々な大物をゲストに迎え一対一で対談を行い、その大物の魅力を引き出していくというものです。最初は聞くテクニックがないので、怒らせてしまいゲストが帰ってしまうこともあるかもしれません。しかし聞き上手としての成長ぶりも、またひとつのみどころと言えましょう。

※太田プロより:このコーナーは有吉の勝手な妄想で構成されており、全てフィクションです。
関係各位の方々、寛大に受け止めてくださいますようお願いいたします。


『聞き上手』 第2回 ゲスト 北野 武さん

(花粉症らしく少々辛そうなタケシさん)

有吉『辛そうですね?』

北野『そうか?金には困ってねえぞ、岸辺じゃねえからよ』

有吉『いやいや、花粉症が………』
(早速先制パンチを喰らい戸惑う有吉)

北野『で,何すりゃいいんだい?』
有吉『あっ、すみません、今日は少しお話を伺わせて頂きます』
北野『お姉ちゃん待たせてるから、早くやっとくれよ』
有吉『はい、ではまず映画の事についてですが、深作監督の印象
   を聞かせてください?』
北野『バカヤロー、あの映画ヒットしたってオイラのギャラは
   変わんねえんだからよ、宣伝したくねえよ、
   オイラの映画宣伝しろよ、バカヤロー』
有吉『すみません、じゃあ最新作ブラジャーについてですが、』

北野『オイ!コラ、ブラジャーじゃねえよ、ブラザーだよ
   デーブ.スペクターでも言わねえぞ、くだらないバカヤロー』
有吉『すみません、ブラザーですね、拝見しましたけど、相変わ
   らず恐いと言うか、痛い映画でした』
 
北野『よくそう言われんだけどよ、オイラ自信はそういう風には
   思わないんだよな、痛いとか恐いって言う事だったら 
   よっぽどチンポの病気のほうが痛くて恐いぞ』

有吉『はははっ!』
北野『まあよ、でもあれだな、オイラの映画は一般受けしねえだ
   ろうなって思ってたからよ、客がオイラの伝えたいものを
   分かってるかは別にしてよ、いわゆる<ヒット>してるこ
   とは正直嬉しいよ』
有吉『こんな事は皆が考える事で、聞くようなことでは無いのか
   も知れませんが、ブラザーで北野監督が伝えたかった事
   は何なのでしょうか?』
北野『うーん、義太夫のかみさんはブスって事だな(笑)』
有吉『やっぱり!』
(スタッフ一同爆笑)

有吉『あ、そうだ、どうしてもお伺いしたかったんですが、
   タケシさんの好きな食べ物は何ですか?』

北野『おまえよ、小学生のファンレターじゃねえんだからよ
   よくいるんだよ、オイラの事なんてどう考えても知らねえ
   ようなガキがよ、親に無理やり、質問しろ!なんて言われ
   てよ、頭ひねって出てきた質問が、好きな食べ物は何です
   か?(笑)そんなの聞きてえかよ』
有吉『僕は聞きたいです、、、、、、、、』
北野『………..真剣にか?』
有吉『はい』
北野『……….』
有吉『、、、、、、』
北野『…………』
有吉『、、、、、、、』

(沈黙が30分程続く)

北野『…本当に聞きてえんだな?』
有吉『聞きたいです、好きな食べ物はなんですか?』
北野『芸能界の、、、いや、世界のパワーバランスが崩れるかも
   知れねえぞ、それでもか?』
有吉『覚悟の上です、聞かせてください! 好きな食べ物は
   好きな食べ物はなんですかーーーーーーー!』

北野『イチゴ』
有吉『おおーイチゴですか』
北野『おおげさにすんじゃないよ、照れるだろバカヤロー』
有吉『すみません、最後に次回作の予定を聞きます おねえちゃ
   んも待っていることですし…..』
北野『言うんじゃないよ、お母ちゃんに怒られちまうだろ
   ホントに恐えんだからよ』
有吉『すみません、なんかあやまってばっかりだなあ、、』
北野『オイラなんか100倍、家で頭さげてるよ(笑)』
有吉『(笑) 次回作の話しでしたね』
北野『うーん、いくつか考えてはいるんだけどよ、いろいろ
   周りがうるせえからよ、森さん(社長)とかよ(笑)
   自分がやりたいって言うことなら、まあSF映画だな』

有吉『打倒ジョージルーカスですか!』

北野『いや、打倒村西とおる』

有吉『どうしてですか?』

北野『セックス.フレンド映画だもん(笑)バカなこと言わせん
   じゃないよ!』

有吉『ありがとうございました』

インタビュー後記
 とにかく緊張しました、謝りっぱなしの2時間でした
2回目ですが全然だめです、とにかく大物はつらい!
3回目は小物であることを祈ります
がんばるぞ!
 
PS ブラザー本当はまだ見てません、すみません

2001年 02月 26日 (月) 17時 48分


聞き上手トップへ

PAGETOP