第23回ゲスト石井智也さん

有吉弘行の部屋

写真有吉弘行の意気込み
これは聞き上手日本一を目指す僕が、様々な大物をゲストに迎え一対一で対談を行い、その大物の魅力を引き出していくというものです。最初は聞くテクニックがないので、怒らせてしまいゲストが帰ってしまうこともあるかもしれません。しかし聞き上手としての成長ぶりも、またひとつのみどころと言えましょう。

※太田プロより:このコーナーは有吉の勝手な妄想で構成されており、全てフィクションです。
関係各位の方々、寛大に受け止めてくださいますようお願いいたします。


『聞き上手』 第23回 ゲスト 石井智也さん

(先日も対談を行ない、すっかりリラックスしていると思いきや緊張している様子の有吉、45分遅れで石井智也さんが来る。)

有吉「この間はどうもすいませんでした!」

石井『おー、やめろやめろ、俺のイメージ悪なるやろがい』

有吉「すいません、何か、この前の太田プロの対談で、石井さんが僕等のファンだという設定で、やってくれって事務所の人間に命令されて、僕はヤラセはできません って言ったんですけど、、、、、」

石井(有吉の口を押さえ、周りのスタッフに聞こえない小声で)『ははは、何言うてんねや、ヤラセってお前、人聞きの悪い事言うなや自分!』

有吉「あっ、あっ、いえ、すいません、ヤラセじゃなくて、あの
あの、演出っていうか、、、、、、」

石井『ワシはお前等のファンやで!』(有吉を睨みつけ)

有吉「はい、はい、そうですそうです、あのーだから、石井さんがファンだと、おっしゃってくださったので、ついつい調子に乗っちゃって、偉そうなフリをしちゃいました すいませんでした!!!」(土下座する有吉)

石井『おいおい、やめてくれや、ワシは君等のファンやで!おかしいがな、そんな事すんのは!早よやろうや対談を、竹中直人待たせてんねんやから、しょうもない頭上げろや』

有吉「す、す、すみません、じゃあ始めさせて頂きます」

石井『能書きはええから、早よせえって』

有吉「はい、石井さんは猿岩石のファンだったと言う事なんですが、どんなところが良かったんですか?」

石井『はい、もう全部です!全てが好きでした!』(死んだ魚のような目で)

有吉「そうですか、嬉しいなー、それで、それで、あの」

石井『おい!何をビクビクやってんねんな!ワシが恐いみたいやないかい!ええ加減にせえよ、ドタマかち割ったろか!!』
(と、言うが早いかテーブルの上の灰皿で有吉の頭を、殴りつけた、血が吹き出し痙攣している有吉)

石井『なんやねん、泡吹きよったでコイツ!おい誰か、この対談ワシがええ感じに見えるように、ヨロシクやっといてや、ほなワシ行くわ』

          場所 太田プロ事務所

インタビュー後記
石井智也君は非常に明るい好青年でした!

PS 石井さんすいませんでした

2003年 09月 19日 (金) 00時 23分


聞き上手トップへ

PAGETOP