ヨゴレでお疲れちゃん

スペシャルインタビュー

『ヨゴレでお疲れちゃん』

上島竜兵(ダチョウ倶楽部)×ユーゾー(インスタントジョンソン)

スペシャルインタビュー第一回目は、大御所ヨゴレ芸人・上島竜兵と若手ヨゴレ芸人・ユーゾーのヨゴレ対談。この企画はユーゾーの希望により実現したとあって、ユーゾーはかなり緊張ぎみ。なんとこの日のために紳士服のコナカでタキシード新調して臨んだという熱の入りようだった。本音アリ、脱ぎアリの内容は…

<あこがれのヨゴレ先輩と対面>

スペシャルインタビューユーゾー(以下ユ):今日はよろしくお願いします!緊張してます!押し付けがましいテンションですいません。このインタビューのタイトルは『ヨゴレでお疲れちゃん』(と言ってお疲れちゃんポーズを取ってみせるユーゾー)とつけさせていただいたんですが。

上島竜兵(以下竜):あ、『お疲れちゃん』ってギャグなの?

ユ:はい。すいません勝手にタイトルつけさせていただいて…あの、でも昔のコントをビデオを見させて貰ったんですが、あんまりヨゴレはないですよね。すごくテンポ良くて正統派なネタで。

竜:そうそう。3人でやるコントはバランスですからね。

ユ:僕の中ではテレビのイメージが多いから、振り振りオチっていうイメージだったんですけど。

竜:やってないでしょう。

スペシャルインタビューユ:はい。寺門さんが落としてたり。

竜:そうでしょう。俺テレビに映らないと手抜くから。

ユ:あーなるほど(笑)。それは正統派でいくっていうんじゃなくて、手を抜いてるんですか!

竜:っていうのもあるし、ライブのネタは俺が考えるほどでもない、2人が考えればいいじゃないかっていうのと。TVカメラが入ったらまた違うけどね。その場合は、やっぱりおいしいところをもらうようにテクニックがあるの。

<芸能界・長いものには巻かれろ!>

ユ:自分のとこにちゃんとオチがくるように振って、っていうのがあるんですか。

スペシャルインタビュー竜:そうそう。テレビで3人でコントをやってても、一番偉いっていうか芯になる人がいるじゃないですか。ウチの場合はリーダーだからそう決めてやるけど、テレビのバラエティーだったら、芯というのは司会者の人であり番組のメインの人。だからその人に気に入られないとダメでしょう。

ユ:あーそうですねぇ。例えばヒロミさんだったり、必ずしきりの人がいますよね。

竜:そう、ヒロミに媚びへつらわなくちゃダメだ!とにかくヒロミが振ってくれるようにしなくちゃ。ヒロミとはデビューもかわらないからといって、『俺のほうがおもしろいよ』なんて思っちゃダメ。もうヒロミがメインなんだから、さあ使って下さいよ!という気持ちで。その時の売れてる状況、それを見て行動決める!

ユ:あぁー、長いものには巻かれるんですね。

スペシャルインタビュー竜:そう、巻かれるんだよ!巻かれないヤツはみんな芸能界から消えていってるよ。特にお笑いは。もう巻かれて巻かれて身動き取れなくなるくらいでいいんだから。

ユ:で、結果自分のところに笑いがおきて、おいしければOKなんですね。

竜:そうそう。だから俺は見た目だけじゃなくハートまでヨゴレなのよ。

ユ:だからキング・オブ・キングなんですね!(笑)

<ヨゴレとキワモノの境界線>

竜:でもヨゴレの境目っていうのが難しいんですよ。ヨゴレっていうのはテレビに出てもいいんですよ、笑えるんですよ。だけどキワモノになったら笑えないからね。

ユ:境目…例えばタレントさんの名前で言ってもらえると分かりやすいんですけど。

竜:じゃあ…名前出しますけどね。例えば出川はヨゴレですよ。松村もヨゴレ。俺もヨゴレ。Eはちょっとキワっぽい。E.Iはキワモノ。

ユ:ああーなんとなくわかります。

スペシャルインタビュー竜:そういう境界線が大事なわけですよ。Eもすごい面白い。彼はギリギリのとこを歩いてるよね、いい時もあるし悪いときもある。そこら辺が難しいよね。行き過ぎたらダメ。たまに俺も間違える時がある。

ユ:キングでも間違えますか。

竜:そうそう、笑いはナマモノだから。俺は裸になって何にしても許されるみたいなところがあるんだけど、人に突っ込んだり叩いたりするのはキワに入るんですよ。それをやるとお客さんが引くんです。言葉で突っ込む分にはいい、コントの筋書きの中でやるんであればいいんですけど、それ以外で人には手を出さないです。

ユ:人によっては叩いて叩いて暴れてOKっていう人もいますよね。

竜:人によってはね、それはその人その人で違うから。俺の場合のヨゴレとキワモノの差っていうのはそこだから。あとは芸能界の地位をわかって行動する。この番組で俺はこのポジションだから脱いじゃダメだとか、逆に丸裸になって走り回ってもいいとか。もちろんその番組の放送時間というのもあるけど。ヨゴレとキワモノは違うからね。

ユ:すごい緻密な計算ですよね。これはありがたいお言葉をいただきました。 でもその空気はすぐには読めませんよね。

スペシャルインタビュー竜:いきなりは出来ないよ、何度も間違う。だから番組の中で芯になってる人―たけしさんの番組だったらたけしさん、志村さんの番組だったら志村さん―たちとできれば仲良くなっておく。そうするとGOのサインも出してくれるし、フォローもしてもらえるから。

ユ:なるほど!!(感嘆)でもいく時は勇気がいりますよね。

竜:でも一回いっちゃえばね。でね、言ったら申し訳ないけど、インスタントジョンソンさんはまだこれからじゃないですか。そういう人達の場合、みんなあまり知らないから、やっぱり引いてしまうんですよ。でも顔を知られてる人達だったらよっぽどの間違いがない限り、とりあえず笑ってくれるんですよ。だからインスタントジョンソンさんみたいな人は、例えば笑瓶さんの番組だったら笑瓶さんがかわいがってくれてる中でGOを出してもらって脱いだりね。またそれに対して笑瓶さんが突っ込んくれたらウケるわけですよ。脱いだりするのはキレ芸だから、本当は芸じゃないわけじゃん、人がやらないだけの話でさ。だってAV女優が本番するのは芸じゃないじゃん。似たようなとこがあってさ。

ユ:わかりやすいです。はい。

竜:ただ度胸だけじゃん。そんなもんは誰にでもできるわけだから。まあ、笑いがとれるかどうかは別としてね。

<キレイなヨゴレ、汚いヨゴレ>

竜:笑いが取れるかどうかのひとつに体つきっていうのはあるよね。この体つきね。(自分のお腹をたたいて見せる)典型的な芸人はこれね。

ユ:(触ってみる)あ〜、あったかいです!

竜:スポーツもできそうにないでしょコレ、かと言って頭も良さそうじゃないよな。とにかくコイツだらしないだろーなーって言うかんじでしょ。それ=お笑いなんですよ。これはお笑い体型なんです。

ユ:前に荻野さんに、これからの若手はホントにヨゴレがいないねって言われたんですよ。あのね、ヨゴレにはキレイなヨゴレと汚いヨゴレがいるんだよねーって。それなんですかね。

スペシャルインタビュー竜:そういうこと。そこがヨゴレとキワモノの差なんだよ。3人グループなんだからさ、例えばきっちりしたヤツとか、おしゃれなヤツがいてくれれば、あと1人はどこまでヨゴレてもフォローしてくれるからいいわけですよ。ダウンタウンの松本さんでも、あの人は天才だけどヨゴレですよ。センスとか考え方とか、やっぱり基本的にヨゴレの発想ですよ。それをいつも自分がやるんじゃなくて、山崎邦正とかにやらせて、たまに自分も加わったりするという話なだけですよ。俺が豆絞りやったハイテンション(注1)なんかは、みんなヨゴレですよ。あそこにいる人たちはキレイだけど、いい面でヨゴレなんですよ。
(注1)「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」番組内で行われた、テンションの高い芸人を集めてハイテンションのキレ芸を楽しむという企画。その時のメンバーは山崎邦正、ココリコ遠藤など。竜兵は日本手ぬぐいをかぶった裸姿で「豆絞りの男」を披露した。

ユ:あーアレは本当におかしかったですよね。実は今日ビデオをもってきてるんですが、ここでもう一回観てもいいですか?(と、ここで豆絞りの男(注2)のビデオを観る)

ユ:(爆笑しながら)絶好調にいいですね〜。

竜:この番組を見て、他の番組でもやってくれって言うでしょう。でもこの状況じゃないから他でやってもあんまり通じないんだよねぇ。この状況だから笑えるわけで。

ユ:ええ、コレかなり極限状態ですよねぇ。ハイテンションでやらなくてはいけないっていう‥。

スペシャルインタビュー竜:そうそう、ハイテンションでうわ〜ってやるのがバカみたいで面白い、そこを観ようとしてるから笑えるけど、冷静にあれ面白かったから、ちょっとオープニングにやって下さいよって言われても、番組の主旨と違ったらおもしろくないんだよ。でもそういうテレビマンはいっぱいいるからね。

ユ:そういうのに騙されちゃいけない‥。

竜:そう騙されちゃいけない。俺は・・・やるけどね。

ユ:やるんですか?(笑)

竜:やる!逆らっちゃいけない。長いものには巻かれろ!身動きできないほど!!

ユ:今までの前フリ何だったんですか?!すごい熱く語ってたじゃないですか!

竜:文句はマネジャーに言って、俺は素直にやる。

<お笑い体型とは‥。>

スペシャルインタビューユ:えっと、さっき体つきの話が出ましたけど、ちょっと見て貰えますか‥(と言いながら脱ぎ始めるユーゾー。)

竜:あーなるほどね。(と言いながら、自らも脱ぎ出す竜兵)

〜ここから先はあまりに汚い画像が続きますので、マニアの方だけココをクリックしてご覧下さい〜

〜ここから先はあまりに汚い画像が続きますので、マニアの方だけココをクリックしてご覧下さい〜

ユ:いやぁ〜、お話できて本当によかったです!ありがとうございました!!

竜:じゃ、これからがんばってね。今度、飲みに行きましょう。

 

まさか白昼、事務所であんな光景が繰り広げられるとは・・・。異常な盛り上がりを見せた第一回目のスペシャルインタビューはいかがでしたか?次回をお楽しみに。

インタビュートップへ

PAGETOP