プロレスはリズムだ! 〜お笑いに学ぶプロレスの極意〜

スペシャルインタビュー

プロレスはリズムだ!
〜お笑いから学ぶプロレスの極意〜

川田利明+スマイリーキクチ+有吉弘行(猿岩石)

太田プロに入った川田選手。憧れの人を前に、大のプロレス好き、スマイリーキクチと有吉弘行が、果敢にインタビューに挑む。

■ 憧れの人と同じ事務所になって感激 ■

マイリーキクチ:川田さんが太田プロにお入りになったって聞いて、びっくりしたよね。

吉:でも、プロレスファンのボクらにとっては、とても嬉しかったよね。

田:事務所では、おふたりが先輩ですから。

マイリーキクチ:いえいえ、そんな。ずーっと憧れの人でしたから。

吉:うん、そうだよね。そういえば、最近のプロレスファンって、女性が多くなりましたよね。

田:女性のほうが恥ずかしがらないみたいです。いいストレス発散になるのかしれないですね。特に彼氏のいない女性が多いみたいです(笑)。まあ、彼氏ができても、一緒に見に来る人と、パタッと見に来なくなる人といます。

マイリーキクチ:川田さん、試合しているとき、観客の顔、見えるんですか?

田:ほとんど見えないですけど、リングからたまたま見えることもありますけど、実際は、最初にどこにいるかということを確認していても、わかりにくいです。

吉:女性ファンの中には、「川田さんが、私のことを見てくれてる」ってよく言っている人もいますもんね。

マイリーキクチ:確かに女性ファンのほうが、熱狂的ですよね。選手の後を追っかけたり、車が出た瞬間、わーって歓声があがったり。

吉:ファンの中に本当にタイプの人がいたら、どうしますか?

田:いやあ、有吉先輩とは、違うから(笑)。ファンはファンでしょう。

マイリーキクチ:川田さんは、もともと試合を見られてプロレスファンになったんですか?

田:まあ、もともと好きだったんですけど、プロレス界に入ったときは、仕事感覚で、これをやるんだって考えていました。そして、そのうち好きになってました。僕は大学に行きたくなかったんですよ。大学に行くと、レスリングと勉強と両方やらなくちゃいけないでしょ。それよりは、レスリングだけのほうがいいなって。でも、その考えは甘かったですけどね。

マイリーキクチ:でも、普通は好きでもプロレスラーには、なかなかなれないですよねー。僕、目指したけど、絶対になれないってわかった。入門するだけでもまず大変なんですよ。何人も応募がきて、そこでまず受かるのが10人いないし、そこからデビューできるのは、3人とかそれぐらい。もう、ちゃんと選手になれる人なんて…!

田:ほとんどが来て、1ヶ月でいなくなりますね。今は、(入門者に)すごく優しくしてるんだけれど、それでもいなくなりますよね。

吉:川田さんのときと、違うんですか?

田:違いますね。俺たちの時代のことを今の若い人にやらせたら、ムリですよね。それは、俺も思うし。まず考え方が違うんですよ。

吉・マイリーキクチ:へぇー。

田:昔は、入ったら、ひとりでみんなにやられましたからね。

マイリーキクチ:あしたのジョー状態ですね。

田:そう。みんなにまわされるっていうか。そういうのは、今はないです。

吉:昔は根性を試して、立ち向かってこいっていう感じだったんですかね。

田:そうですね。それで残る選手じゃないと、上がっていけないっていうのもあったし。

■ 体力はあった ■

マイリーキクチ:好きでもなれなかったというのが、身にしみてわかってきました。まあ、僕はプロレスの本を見て、スクワットとか、腕立てとか、いろいろやってみたけど、その頃から、これだけできないとプロレスラーにはなれないという目標回数も、ノークリアでしたけど。スクワット500回何セットとか、大体、普通だとイキのいい素人でも、ムリですよね。そのレベルを越えて、始めて入門できるっていう。

田:体力だけは俺はありましたからね。中学生ぐらいから。中2の頃から、俺、身長変わらないんで。だから、体力に関しては、何でもこなせたんです。中学卒業して、そこでプロレスラーになろうと思ったんです。在学中に新日本プロレス受けて受かって、じゃあ、卒業したら来てくださいっていうことで。その頃、若手のプロレスラーをやっつけてましたからね。

マイリーキクチ:日本で一番強い中学生だったかもしれないですね。

田:でも、先生とかから、せめて高校ぐらいは卒業したほうがいいんじゃないかと言われたんです。レスリングが強い高校があるからって。そこで3年ガマンできたら、プロレスラーになればいいということで。3年間ガマンしました。そして、全日本プロレスに入りました。

マイリーキクチ:川田さんの行かれていたところは、レスリングが強い高校ですよね。

田:高校の時、全国大会で、一番になったんです。

マイリーキクチ:専門学校のときの同級生で、川田さんの高校レスリング部の後輩というヤツがいて、川田さんがすごかったという話をずいぶん聞かせてもらいました。

田:俺の高校、虎の穴って言われてましたから。だから、プロレスに入ったとき、基礎体力に関しては、楽だなーって思いましたね。でも、今、あんな練習したら、先生つかまっちゃうと思います(笑)。もう、ハンパじゃなかったから。こん棒みたいなので殴られたりとか。

マイリーキクチ:それじゃあ、やめちゃう人もいたでしょう。

田:それでも、毎日練習してましたね。確かに、入部後すぐに半分、そして3分の1に減って、卒業の頃には5人残ればいいほう。

吉:残った人は、全国レベルなわけですね。

田:そうです。

マイリーキクチ:僕なんかは、レスリング部に入ろうって思って見学に行ったけど、先輩後輩の厳しさにむいてないなーと思ってやめたほうだから。スポーツ推薦で、単願だったにもかかわらず。

田:僕は単願じゃなかったんです。プロレスにも行こうかなって考えてたから。単願で受かると、絶対にそこに行かなくっちゃならないから。そういえば、あれって、成績で決めるんだろうけど、入学したとき、副級長だったんですよ、この俺が。ちょっと驚きました(笑)。でも、今はレベルが上がってしまって、今だったら、俺きっと入れなかったと思う。

■ 強さを自覚したのは? ■

マイリーキクチ:川田さんが、自分が強いと感じたのは、いつ頃ですか?

田:中学の時、自分は強いって思ったこともあるけれど、上には上がいるんですよ。高校のとき一番になっても、大学生とやると負けるし。プロレスも、みんな自分が一番強いと思って入ってくるわけじゃないですか。でも、だんだんやめていく。

吉:ケンカとか強かったんですか?

田:ケンカはあまりしなかったな。

マイリーキクチ:中2からこの身体だったら、ケンカを売るヤツは普通はいませんよね。

田:中学のとき、身体が大きいからって、高校生からケンカを売られたことはあったなぁ。

吉:強くて有名だったんですか?

田:そうでもないと思いますけど。でも、俺がプロレスに入るっていうのは、周りはみんな知ってましたね。

吉:好きな選手はいましたか?

田:特に誰っていうのはなくて、プロレスの世界というのに、憧れていました。

マイリーキクチ:僕とか有吉とかは、プロレスをよく見ていた世代に当たるみたいで、会場に行っても、同世代がものすごく多いです。最近はあまり大きくないレスラーも増えてきましたよね。

田:確かにそうですよね。昔は僕ぐらいでも一番小さいぐらいだったけど、今はそうでもない。

マイリーキクチ:背も僕と同じぐらいのレスラーもいるんですが、ただ、厚みが違います。

吉:プロレスラーを見ると、憧れるけれど、自分もああいう身体になろうと思って鍛えても、一日やると次の日は筋肉痛になって、休んじゃう。そして休んだ最初は罪悪感があるけど、だんだんサボることに慣れてくる…。

田:ジモンさんみたいな人は、次の日、筋肉痛になると、嬉しいんでしょうね。プロレスラーもどちらかというとそうなんです。僕は、筋肉痛にはなりにくいんです。筋肉に持久力がある。でも、瞬発力はないんですけど。筋肉が張っている人は、鍛えると筋肉が壊れて大きくなるんです。

吉:筋肉が盛り上がっていると強そうですね。

田:いちがいにそうも言えないんです。力がなさそうでも、強い人はいます。ケンドー・カシンなんかは、力がなさそうだけど、力がある。ドン・フライの最初の力はすごいです。外人は最初が強い。ボブサップなんかも、見ているとそうですよね。

マイリーキクチ:一時間も試合ができるっていうのもすごいことですよね。たとえば、俺と有吉がプロレスごっこをしたとしても、2分が限界。

田:普通ただ座っていたりする一時間は長いけれど、試合の時は、時間は気になるけど、長さは感じないですね。

マイリーキクチ:1時間も試合するんですものね。すごいですよね。

田:最近の若い者は、練習中、俺と次やろうっていうと、逃げるんだよね。

吉:川田さんは、筋肉の持久力があるから(笑)。

■ プロレスとお笑いは似ている ■

吉:川田さんがお笑いが好きっていうのは、最初ちょっとした驚きでした。

田:お笑いとプロレスって、似ていると思うんです。

マイリーキクチ:ああ、そういえば、そんな感じがしますね。ボケとツッコミと落ち。落ちはカウントダウン。

田:引くところは引いて、抑えるところは抑える。そういうリズムがないと、いい試合ができないと思うんです。だから、お笑いは大事だって、若い者によく話します。お笑いで勉強しろって(笑)。

吉:俺、6、7年前、石田ちゃん祭りっていう、普通は誰も行かないようなライブに行ったとき、川田さんがいらっしゃったんですよ。そのときは面識がなかったんですが、川田だ、コワそうだなーって思って見ていたら、爆笑してるんです。お笑い好きなんだってそのとき知って、びっくりしました。

田:友だちとダメ出ししてましたから(笑)。飲み屋とかでも、よくしゃべらない人とか思われているんですけど、そうでもないです。

吉:意外ですよね。

マイリーキクチ:でも、川田さんのカリスマ性とか、サムライのようなイメージが崩れたら、コワイですよね。

田:崩したくはないですね。でも、ダチョウ倶楽部のリーダーと蝶野さんと俺で、「ヤーッ」のポーズをやったら、それが雑誌に出てしまったことはあります。まあ、リングの上でも離れたときでも、同じだったら、周囲も自分も疲れちゃうじゃないですか。いい意味でのリラックスをしたいですね。

吉:でも、リラックスしすぎている川田さんは、見たくないっ!(笑) ところで、川田さんて、とても気がつきますよね。

田:確かに、飲み屋とかでも、水割りを作ってあげたり、焼き肉焼いてあげたりします。

マイリーキクチ:相手の気持ちを読むのが上手なんですかね。

吉:試合のときは、どんな気持ちなんですか?

田:リングに上がる前は、とてもこわい。上がると忘れるけど。大きなケガとかは、特にこわいですね。

吉:川田さん、膝に大きなケガをなさったことがありますものね。

マイリーキクチ:その膝を相手選手が攻めたりすると、大変なんですよね。1対1で試合をしているのに、膝を攻めたりすると、ファンを敵にまわして、1対100ぐらいになる。ファンの人で地方にもついて行く人とかいますよね。

田:シリーズを毎日見にきてくださって、ユンケル2本ずつ差し入れしてくださったりするんです。本当にありがたいことです。

マイリーキクチ:熱心なのは、女性のファンですよね。会場でも、膝攻めされたときなんかは、「やめろ〜〜〜!」というものすごい歓声というか、罵声が飛び交う。

吉:やっぱり川田さんの股間ばかり見ているんですかね。

田:シモネタはダメですよ(笑)。先輩、僕はお笑いネタとして、ダジャレとシモネタとかぶり物はやってはいけないと思っているんです。

吉:女性ファンは恋愛対象として、見ているんですかね。

マイリーキクチ:見ていると、そういう人も多いでしょうね。でも、川田さんって、男から見ても、かっこいいよね。俺流の生き方があるっていうか。

田:自分でそう言ったことはないですけど、周りがそう言ってくださっています。

吉:確かに、リングインまで、何気なく歩いているだけでも、かっこいいですものね。

■ 身体にいいことって? ■

吉:川田さんが好きな食べ物って何ですか?

田:好き嫌いはないですね。普段食べている物は普通です。でもどちらかというと、和食のほうが好きです。

吉:プロレスラーって、生肉にかぶりつくというイメージがあるよね。

田:いやぁ、普通の人って、なんであんなに焼き肉が好きなんだろうって、思います。地方に行って、プロモーターの方と食事に行くとき、焼き肉が三日続いたりすると、ちょっと辛いです。ただ、その時間って、焼き肉屋しか、開いていないことが多いんですけど。酔うとたくさん食べることもありますが、普段、ご飯は普通の茶碗に一杯ですし。試合の前はお酒は飲まないし。試合の前にトンカツ食べて勝つというのがあるじゃないですか。あれは信じられない。試合の前には、肉は食べないですね。ご飯です。

吉:俺たちが、もし、川田さんをもてなすということになったら、焼き肉屋で、カルビをどうぞ…ってやっちゃいそうだよね。

マイリーキクチ:カルビの次はハラミをどうぞって。

田:カルビよりは、ハラミのほうが好きですね。油っこいものは、昔からあんまり食べられないんです。煙草は吸いません。お酒は飲みますけど。

マイリーキクチ:その身体は遺伝なんですかね?

田:両親は普通ですよ。でも、妹は、背が結構大きい。

吉:首から肩にかけての筋肉が盛り上がっていてすごいですよね。

田:僕は昔からいかり肩に憧れていたんですよ。だって、なで肩だと、ショルダーとか、ずり落ちちゃうじゃないですか。

吉:なで肩!?

マイリーキクチ:なで肩とは言いたくないです。筋肉ですよー! やっぱりそれだけの身体を作るためには、今でもこなしているメニューはあるんですよね。

田:あります。

吉:きっと僕らの一生分が、一日のメニューなんだろうな…。

田:プロレスラーのピークは40代だって、昔から言われていますよね。(ジャイアント)馬場さんもそうでしたし。

吉:まだまだこれからですね。

マイリーキクチ:色が黒くてかっこいいですよね。僕、色白だから、たたかれると、身体に赤く手形がついて、なさけないんですよ。

田:日焼けサロンです。やはり、裸体を見ていただく仕事なので。

吉:焼いている選手は多いですよね。

マイリーキクチ:簡単な健康法は何ですか?

田:歩くことでしょうね。

吉・マイリーキクチ:…。

田:走ったりして、身体に負担をかけるのは、よくないと思います。自分のペースで長くあるくことが大切だと思います。あと、水泳かな。

吉:趣味は?

田:お酒を飲みながら、人と話すことですかね。

マイリーキクチ:ゴルフとかは?

田:ゴルフはやらないんです。ゴルフって早起きじゃないですか。だから寝不足になる。お酒も朝まで飲むと寝不足になるけれど、お酒飲んで、ゴルフ行ったら、余計に身体に良くない。だからどちらを取るかと考えたら、お酒を取ったわけです。

マイリーキクチ:身体を常に上手に休めているんですね。

田:あと、パチンコはちょっとだけやりますね。短い時間。

吉:プロレスは?

田:それは、仕事です。

吉・マイリーキクチ:僕らはプロレス観戦が趣味です。

■ 川田選手、今後の豊富 ■

マイリーキクチ:なんといっても川田さんと一緒の事務所というのが嬉しいです。これからも、よろしくお願いします。ドラマなんかはどうですか?

田:ドラマもやりたいです。

吉:サラリーマン役とか?

田:俺、サラリーマン、一度もやったことありませんよ。

マイリーキクチ:無口なマスターっていう感じがありますよね。

田:いろいろなものにチャレンジしたいですね。

吉:今まで太田プロで一番強いのはジモンさんだったけど、今でも一番強いって言ってますけど、一回決着つけてほしいですね。

田:決着の前に、ジモンさんの彼女をさらってやる(笑)。そうしたら、絶対に勝てない。

吉:ええっ、それは反則ワザじゃないですか…!

田:冗談はおいといて、自分を崩さず、これからも頑張って行きたいですね。プロレスラーとして、このタレントをいじめてくれとかの仕事はイヤなんですけど。

吉:確かにそれだと、プロレスラーじゃなくなっちゃいますよね。

マイリーキクチ:プロレスラーは本業で、それをお笑いにしたくないですよね。

田:幅広い自分を見てもらいたいし、見せられるように頑張りたいですね。

吉・マイリーキクチ:これからが楽しみです。今日は本当にありがとうございました。

田:ありがとうございました。

川田利明+有吉弘行+スマイリーキクチのサイン色紙を、二名様にプレゼントします。 お一人様一通まで。メールのタイトルは『川田選手プレゼント応募』としてください。

〆切は、2004年1月24日(土)午前0時到着分です。
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

インタビュートップへ

PAGETOP