アイドルだったらおまかせ!!

スペシャルインタビュー

アイドルだったらおまかせ!!

山田邦子+山咲トオル

アイドル大好きの山田邦子と山咲トオルが初対談。オタクぶりをこれでもかと存分に発揮して、話しは止まるところ知らず。じつは2人とも子どもの頃からサインの練習をしていたことも初告白。

■ アイドルの姉的存在だった山田邦子 ■

山田子:かわいいね〜、そのジャケット。

山咲オル:ありがとうございます。レディースなんですっ!!
でもマネージャーが「いっしょに歩くの恥ずかしいから仕事以外では着ないでほしい」っていうんですよ。

子:私なんかクリスマスはフツーにサンタクロースの衣装で丸正に行っちゃうよ。でもサンタはまだいいのよ、一人でトナカイの衣装で歩くのは、寂しいよ〜(笑)。

オル:今日は、邦子さんのデビュー作「邦子のかわい子ぶりっ子」のレコードを持ってきました。

子:わあ、よく持ってたね!? 私持ってるかな…。いつだっけな……私がレコードデビューしたのは。

オル:81年です。小学校6年生のときの遠足のときにこのモノマネをしたので、空で3番まで歌えます。

子:うひゃあ!! この衣装は、ジャケットを撮影するということになって太田プロで初めて買ってもらった衣装。副社長が3万円くれて「新宿のサブナードで買ってらっしゃい」といわれたの。

オル:アハハハ。私、邦子さんや80年代のアイドルの方たち、小学校、中学校、高校のときにテレビで見ていた人とごいっしょすると緊張して石になっちゃうんです。「明星」「平凡」「近代映画」を全部買って読んでいたので、邦子さんがアイドルと対談しているページは愛読してました。

子:あったね、あったね。TBSで「パリン子学園」という番組があって、少年隊がデビューして、小泉今日子ちゃんと堀ちえみちゃんと松本伊代ちゃんだったかな…。

オル:メインが邦子さんとキョンキョンとちえみちゃんの3人でした。

子:わあ、よっぽど私のこと好きだったんだ!?

オル:アハハハ。

子:ああ!思い出した。その前に「ピンキーパンチ」という番組があって、芳恵ちゃんと伊代ちゃんが出ていて、その後に「パリン子学園」になって芳恵ちゃんが抜けてキョンキョンとちえみちゃんが入ってきたんだ。

オル:でも私は沖縄だったので、放送されてなかくて番組は見てないんです。

子:エー!!見てないの。それにしては詳し過ぎるよー。

オル:はい。だからすべては雑誌の情報なんです。

オル:でも邦子さんは当時のアイドルのお姉さん的な存在でしたけど、皆さんとは3、4歳しか違わなかったんですよね。

子:そうなのよ。今じゃみんな大人になっちゃって、会うとおじさんとおばさん同士みたいで、変な感じ(笑)。当時はお笑いで女性っていうと一人だけだったから、ポジションが難しかったみたいね。でもいろいろアイドルの子達から相談はされたよ〜。

オル:ヘえええ。

子:みんなかわいくて、ジャニーズの子なんか合宿所から脱出したくて、してくるんだけど、何をしていいかわからなくて自動販売機まで行ってジュース買って来たとか(笑)。

オル:かわいい〜。でも、それがうれしいのね、きっと。そういえば私の姉が86年にデビューした売れないアイドルだったんですけど(笑)、小さいプロダクションだったのに厳しくて、仕事が終わると家にまっすぐ帰って一歩も外に出ない1年半だったっていってました。

子:へえ、お姉さんアイドルだったんだ。何年デビュー?

オル:86年です。山瀬まみちゃん達と同じ年のデビュー。レコードデビューは少年隊の皆さんと同じ年でした。

子:今は?

オル:地元の沖縄でジモティタレントしてます。

子:へえ〜。でもトオルちゃんはどうしてアイドルにならなかったの?お姉さんがやっていたんならなおさらお付き合いもあったでしょう。

オル:高校2年のときにお話しはきたんですよ。でも、アイドルオタクだったから客観的に自分を判断することもわかってて、やっぱり男の子のアイドルはキツイよなと思って、ちょっとだけ話題になっても、1年か2年で消えちゃったらその後どうなるんだろうと……。やっぱり学校くらいは出ときましょうと思ったの。それでやめました。

子:そうか、でもやっぱりデビューできたね。少し遅くなったとはいえ、表舞台に出る人だったんだね。

オル:月刊「デビュー」っていうオーディション雑誌があって、かたっぱしから200くらいオーディションは受けたんです。

子:写真とか撮って?

オル:はい。友達に公園で撮ってもらったり。

子:ポーズつけたり、頬杖ついたり?

オル:そうです。

子:アハハハ。でもそういう青春ってあるよね。私も18歳のときに何を血迷ったのか、資生堂の「花椿」っていう広報誌の表紙モデルに一般募集のときに応募して、ちゃんと写真屋さんに行って写真撮ってもらたもの。直立不動だけど(笑)。

オル:アハハハ。

■ 好きなアイドルランキング ■

子:最初にアイドルに目覚めたのって誰?

オル:天地真理さん。伯母にコンサートに連れて行ってもらったのが最初です。

子:同じだ。私も真理ちゃん。小学校6年生のとき、とにかくかわいくてお人形のようだったものね。今は別人になっちゃったけど(笑)、でも今の真理ちゃんも好き。いっしょにお仕事もするけど、太ってしまったので、モノマネすると今は私の方が当時の真理ちゃんの声に近いんだ(笑)。

オル:私も今でも好きです。変わってしまっても会いた〜い。

子:そういうのってあるよね。今日はいいものを見せてあげようと思ってお宝を持ってきました。見せるだけだよ、あげないからね。ジャーン!!天地真理ちゃん人形。

オル:キャー!!やっぱり真理ちゃんってお人形よね〜。

子:真理ちゃんはこういうののはしりだったんだよね。この後からはいろんなアイドルのグッズが出たり、Tシャツ作ったりしたんだから。

オル:う〜ん。やっぱりアイドルの原点は真理ちゃんですよねっ。

子:いわゆるかわい子ちゃんというアイドルはやっぱり真理ちゃんでしょう。

オル:でも真理ちゃん人形は初めて見た!

子:これだけじゃないのよ、ピンクレディー人形もあるのよ〜。あげないからね〜。

オル:うわあああ!

子:しかも着せ替え。

オル:キャア!買ってもらえなかったわ、私は。いいな〜、全部欲しい!!でも別々に売っているとケイちゃんの方が売れるとかミーちゃんの方が売れるとかあるんでしょうね。

子:あるだろね〜。私はケイちゃんのファンだったんだけど、デビューしてミーちゃんにあったら、ミーちゃんがすごくいい人でミーちゃんのファンになっちゃった。キャンディーズはランちゃが圧倒的に好きだったの。でもデビューしてスーちゃんに会ったら「キャンディーズ歌おう歌おう」といってくれて、いっしょに歌ってくれて、それ以来スーちゃんが好きになっちゃった(笑)。

オル:私はミキちゃん派でした。ピンクレディはケイちゃんが好きでした。

子:総合的にいうとアイドルは誰が好きなの?

オル:1位が松田聖子さん。2位が2人います。天地真理さんと岡田有希子さん。

子:へえ〜、岡田有希子ちゃんが好きなの〜。

オル:はい。3位が岩崎宏美さん岩崎良美さん。早見優ちゃんと河合奈保子さん、松本伊代ちゃんと柏原芳恵ちゃん。

子:なるほどねえ。男は入らないの?

オル:男はトシちゃんかな。 邦子さんは?

子:1位がトシちゃん、2位が西城秀樹さん、この後は順位つけられないね。ピンクレディも入れたいし、岩崎宏美、良美はいいところついてるよね。私も大好きだもの。とてもハスキーな声なのに可憐で力強いでしょう。ふたりに「由紀さおりさん姉妹みたいになってほしい」といったら「う〜ん」といってた(笑)。

オル:幼稚園のときに伯母が「ロマンス」を買ってきて繰り返し聴いてるんですよ。「あなたが〜」というところを私の名前にして歌っていて、私は鳥肌がたって逃げ回っていた(笑)。

子:アハハハ。アイドルってかわいんだけど歌は下手、みたいなイメージがあったけど、じつはときどきすごい人が出るんだよね。聖子ちゃんは両方いいなと思ったよね。

オル:昭和55年にデビューした松田聖子さん、柏原芳恵さん、河合奈保子さん、岩崎良美さん、松村和子さん達は全員歌がうまい。4者4様のタイプと歌唱力がスゴイって思ってました。芳恵ちゃんなんかもすごいカッコイイと思ったもの。スパッツみたいな衣装で。

子:そう芳恵ちゃんはダイナマイトボディで、最後のアイドルなんじゃないかな。周りがきっちりガードしていて、だからものすごく純粋なの。歌もうまいしね。聖子ちゃんがデビューしたときは顔を出さないで売り出したんだよね。CMの声だけだったんだよね。

オル:最初はせめて歌だけでもって使ってもらったみたいですよね。

子:わかんないものだよね。その年の賞レースには全然入っていなくて、浜田樹里ちゃんが一番だったんだよね。いつも聖子ちゃんは泣きそうな顔、いつも困ったような顔で歌っていて、すごくインパクトがあったのよね。

オル:聖子ちゃんはレコード会社もそんなに本命視していなくて、それが「裸足の季節」が演歌みたいにジワリジワリ売れてきちゃって、「青い珊瑚礁」が1位取ったあたりから逆転しちゃったんですよね。

子:ほんとに詳しいんだねえ。

■ アイドルの定義とは? ■

オル:私はアイドルオタクだったので、サンミュージックに入りたいというのがすごくあったんです。聖子ちゃんも早見優ちゃんもいるし、岡田有希子ちゃんもいるし。

子:そりゃあサンミュージックになっちゃうわ。

オル:今でも4月8日は、サンミュージックにケーキとオレンジジュース持ってお参りに行ってます。

子:岡田有希子ちゃんはかわいそうだったものね。有希子ちゃんは本当に純粋な人だったんだよ、きっと。今、そういう意味でのアイドルっていうといないかもしれない。

オル:今、バラエティアイドルやCMアイドルといっしょに仕事しているじゃないですか、その中にポンと当時のアイドルが入って来たりすると、かわいらしさと共に一斉を風靡したというオーラをちゃんと持っていらっしゃる。全然別格だなあと思っちゃう。

子:でもトオルちゃんはアイドルだよね。

オル:私は芸人です。汚れ芸人です(笑)。

子:えっ、路線はアイドルじゃないの?

オル:違いますよ〜。ドブにも飛び込むし(笑)。

子:アハハハ。今はアイドルってはっきりわかるのはジャニーズくらいなのかな。

オル:あとはモーニング娘系とか。

子:ああそうだね。そうすると男でも女でもかわいらしくて、衣装を着てるってことがアイドルかな。

オル:既成じゃないものを着ている。お誂えだ、みたいな。

子:トシちゃんなんかいつもきちんとした吊りズボンとか(笑)、ちゃんとした蝶ネクタイとか(笑)、カッコよかったなあ。

オル:アハハハ。トシちゃんの歌では何が一番好きですか?

子:う〜ん。「ハッとしてGOOD」かな。トシちゃんの歌って トシちゃんしか歌えないの、 トシちゃんのために作られた歌なのよ。

オル:わかる〜!!

子:幸せな人だよね。マッチの歌は他の人でも歌えそうじゃない。

オル:それにあそこまでダンスがきちんと上手い人はいないでしょう。

子:そうね。ダンスの完成度は素晴らしいよ。トシちゃんの踊りは振り付けではなくてダンスなんだよね。

オル:番組でトシちゃんとごいっしょすることになったときは死ぬかと思っちゃっいました。目の前にいることが信じられなくて。レコードとか全部持っていきました。

子:私はトシちゃんと本当に結婚しようと思ってて、ずっといろんなところでいってたの(笑)。30歳過ぎてもいってたなあ。

オル:邦子さんに妄想癖みたいなファンはいました?

子:いるよ〜。すでに私と結婚してると思っていた人とか(笑)。目が合うといわれたり。

オル:こわ〜い!

子:でもさ、自分もアイドルの写真を切り抜いたりとかしていたわけだから、わかるよねその気持ちは。

■ 子どもの頃からサインの練習!? ■

オル:邦子さんはグラビアの仕事とか来たりしませんでしたか?

子:すごい来てたよ。笑っちゃうでしょう。「GORO」とか「スコラ」とか。

オル:よく「オールスター水泳大会」で水着になってましたよね。

子:そう。水泳部だから水着姿は何とも思わないの。CDでハイレグにもなったのよ。当時まだ世の中にハイレグというのがなくて、「つっぱりハイティーン・ガール」のジャケットで「ワンダーウーマン」のかっこをすることになって、それがすっごいハイレグでジャケッ トを撮ることになったの。ジャケッ ト撮影しますといわれて行ったら、楽屋その水着と長靴が置いてあって、見たときにはどうするんだろうと青くなったもの。

オル:ひゃあ〜!ほんと、グラビアアイドル以上のハイレグ!

子:今みたいなちゃんとしたハイレグじゃなくて、もうラインが真っ直ぐなんだもの、どうやって着ても毛が出るんだわ。大変な職業だとそのとき思ったね。衣装の担当の人に「どーしても毛が出ちゃう」といって、ストッキングを重ねてみたり、唯一「チャコッ ト」っていうダンス用の衣装屋さんで透けないパンス トを見つけてきてもらった。撮影だって表情どころじゃない。カメラマンだって「笑って」なんていう前に「見えてる?」「出てる?」だもの(笑)。嫌だったあ。アイドルとお笑いじゃあえらい違いよ。でもおかげでこの歌で有線大賞新人賞もらったの。伊代ちゃんとか明菜ちゃんといっしょにね。

オル:でもそのままずっと今でも活動してるっていうのがすごい。私も2年後にはいないなんてことにならないようにしないと。

子:でもCDデビューしたでしょう?どう?レコーディングして、衣装作ってザ・アイドルて感じだったでしょう。

オル:私がリクエストしたことが全部かなって、ジャケッ トのデザインもして、発売日にサンシャインの噴水広場でイベン トをしたときには、「もう思い残すことはない!」「もう死んでもいい!」と思った(笑)。でも、また2月4日に第2弾「私のオアシス」が出るんですよ。今度は作詞までさせてもらったんです。

子:すごいね〜。結局トオルちゃんはアイドルなんじゃないの?

オル:まだまだですっ!!

子:でもさ、子どもの頃にサインとか芸名とか考えていたでしょう?

オル:考えてました。邦子さんも?

子:もちろん同じ(笑)。

子・オル:アハハハ。

子:真理ちゃんのサインも書けるよ。

オル:あ〜、やっぱり。私も伊代ちゃんとか聖子ちゃんのサインは書けます。

子:私達ってビョーキかもね(笑)。どんな芸名を考えてたの?

オル:〝中沢静輝〟(なかざわしずき)。中沢は本名なんです。静というのは父からもらって、形がキレイかなと思って。サインの練習もしてました(笑)。

子:私はね、〝冬木サチ〟っていうの(笑)。

オル:アハハハ。

子:やっぱり友達にこの名前で手紙書いたり、サインを練習したり。やっぱりいっしょだね〜。もうこうなればアイドル目指して頑張ってよ。

オル:はい!頑張ります!!今日はお会いできてほんとうれしかったです。ありがとうございました。

山田邦子+山咲トオルのサイン色紙を、一名様にプレゼントします。
メールのタイトルは『アイドル記念プレゼント応募』としてください。

〆切は、2004年2月23日(月)午前0時到着分です。
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

インタビュートップへ

PAGETOP