性フェロモン香水<Vol.3 コンパへ行こう!(前編)(1/4)>

● コンパへ行こう!(前編)

きょうは、OLとコンパの日!でも、友達の田中が主催だから、ちょっと不安・・・なぜって、田中は僕よりちょっとだけ背が高いから。ホラ、かわいいと思った人をとられちゃったりしたら、悔しいでしょ。それに僕コンパって生まれて初めてなんだよね。コン。それにけっこう人みしりだし。でも、今日の僕はいつもと違うからね。だってフェロモン香水があるもの!(ニヤリ)よ〜し、はりきっていこ。

 

まち合わせ場所に行ってみると、すでに田中は来てて、男はしだいに全員揃っていった。
ふ〜ん。この程度の人たちなら、僕とおんなじレベル、もしくはそれ以下だね、とメガネの奥で笑う僕。うんうん。これなら香水なんかつけなくても、けっこういいセンいくかもよ。

でもホントに女の子たちは来るのかな。もの陰から見てたりして。僕は心配になって、田中にそっと聞いてみた。

「ねえねえ、ちゃんとみんな来るの?」

田中バーカ、こういう時は女は別の場所に一旦集合してから来るから、遅れることもあんだよ。」

「あ、そう・・・。」と言いつつ、田中を殺すリストに入れようと決意。

あ、女の子たちが来たよ!
おお、なかなかかわいいね。
どの子でもいいかも。あれ?ひとり、路線の違うのが・・・
まあいいや。キレイな人とカップルになれる確率は5分の4で
80%だよね。

これはけっこう確率高いよ〜。よし、お店にゴー!

お店に行くまでの間に、ちょっといいなと思った子が話しかけてきた。ホラ!やっぱ香水なんか使わなくったって、けっこうイケるかもよ。

女の子:「あのー、ボキャブラ出てましたよね?」

ス:「あ、はいっ!!」(きたきた

女の子:「ああ、やっぱり〜!えっと、いつも楽器ひいてましたよね!」

ス:「え?」(笑顔はたやさず)

女の子:「あのォ、一人でやってますよねェ ?
えっとー、お名前が・・・」

ス:「スマイリーキクチです。」

女の子:あ、知らな〜い。」

ええっ?!ボキャブラのハナシ自分からふっといて?テレビのどこ見てんの?()・・・・・まあいいや。今日はコンパだから。スマイリーキクチってことより、菊地サトシとして勝負しようと思ってるから。勝負はこれからだもんね。

そしてお店に着くと、みんなテキトーに座り始めた。
こういう時って、実はそれぞれ計算してたりすんじゃないの?どうなのかな。僕はコンパってほとんど初めて状態だから、ドキドキしちゃうよ・・。でも、ここでアセったらなんか恥ずかしいから、普通にしてようっと。あれ?そしたらなんか、はじっこになっちゃったよ。しかも、隣りはさっきの子だ。でも、あの変な子は遠いから、いっか。

とりあえずビールを頼んで、みんなでカンパ〜イ。

そして、一人ずつ、自己紹介。なんか、ホント、どきどきしちゃうね。

まず、レディーファースト(死語)で女の子から。

座席表

〜とっぷへもどる〜        〜自己紹介へ〜

PAGETOP