性フェロモン香水<Vol.6 新宿2丁目へ行こう!(2/2)>

● 新宿2丁目へ行こう!

そしたらウエイターの人が来たんだけど、それがもうウエイトレスなウエイターなの、完璧に。 年は18、9ぐらいで見ためは普通なんだけど、しな〜んとしてて首筋のあたりとかもうあっちの人なんだよ。で、もちろんオーダーとる時とか、グラスを拭く仕草とかが女以上に女の子で、白魚のような手でシゴトしてんだよ。
でぇ〜た〜って感じでワクワクしちゃったよ。

ほかにここの店員さんには、男前〜って人と、金髪でラスタなパーカーを来たあんちゃん(でも胸元あいた服、ママっぽい)がいた。僕たちは適当にコーヒーとか頼んで(味はよい)、なんとなく様子を伺いつつも、会話してたわけ。お客はいなくて、ちょっと一人で来て、サッとなんか飲んで出ていった人がいたんだけど、まあすいてたんだよ、夕方だし。

そしたら男が二人入ってきたのね。一人は兄さん風で一人はりえママ風。(今さらって思うだろうけど、ほんと似てた)りえママの方は、もち、ママ言葉ね、とりあえず。それで聞こえて来る二人の会話が、
「こないだの写真、どうだった?」
「 あ、あれねー上半身のがよかった」とか言ってて、すっげー気になんの!

もうこっちはダンボになって、「それで?それで?」とか思ってるんだけど、あとはよく聞こえなくてさー(ちくしょう)。でもなんか写真を出して見てたよ。いろいろと。
そりゃあ僕も見たかったけど、さすがにその勇気はなかったよ・・・。
それでやっぱ、店のタダならぬ気配を感じたのね、僕たちは。んで、どうやら場違いだったようだな、ってゆーか、こわ、と思って店を出ることにしたの。その前に事務所の人が、トイレに行ったんだけど、帰ってきたら、やや青いカオをして、「とりあえず、行っといた方がいいよ。めったに見れないから。」って言うんだよ。もうかなり怖かったけど、僕もいい経験?と思って行きましたよ、トイレに。

そしたらクマと猿がやっちゃってる絵とか飾ってあったり、ヤバいイベント(書けない)のチラシとかいっぱいあって、冷や汗が出ました。トイレの鍵が開かなかったらどうしようかと思いました。あと、実はトイレの壁が忍者屋敷みたいな回転扉になってて、僕は連れ去られたりして・・とか思いました。それからもし、今飲んだコーヒーに、クスリとかが入ってたら・・・とまで思いました。(怖かったので、ていねい語)

そんでまた外へ出てビックリ!!なんと店の看板がすでに、そっち系のヒトのシンボルカラーになってたんだよ!ああ・・なんで入るとき気がつかなかったんだろう???え?どんな色かって?そりゃあココには書けないよ〜。

だって、それ系の人からネラわれたら怖いし。
まあ、外国でもこのカラーは共通みたいだから、 けっこう知ってる人もいると思うよ。
みんなは調べ てみてね。

しかしほんとにヤバかったよー。も〜危機一髪!って感じだったね。この時、下見だったから僕、香水つけてなかったんだけど、もしつけてたらかなりヤバかったよ、きっと。シャレになんなかっただろーね。あと、一人じゃなくてホントよかったよー。
みんなも喫茶店入る時は、気をつけてね。とくに男子!男だからこそ、自分の身を自分で守れない時がホラ、あるからね!

いろいろあったけどフェロ香は、まあけっこういいと思うよ。ただし、ちゃんと計画をたてて使わないと、両想い(中学用語)にはなれないぞ!!

 

〜とっぷへもどる〜

PAGETOP