ユーモア講座<Vol.5 ボケとツッコミ!>

● ボケとツッコミ!

ユーモアの公式を通信教育で学べる講座も第5回!ノってきたよ〜!(大ウソ。まったく、サッパリ。)今回はお笑いの基本ボケとツッコミ!ハイ、テキスト1巻83ページからね

「ボケとツッコミの違い。ボケとは、とぼけること。ツッコミとは、とぼケたヤツを正すことです。」

えっ?僕、こういうの知りたくて入ったんじゃないのにね・・・。つらいね・・・・。

例1:
A「先輩ゴルフうまいですね!」
B「当り前だよ、君とはラベルが違うよ・・・(以下省略)」

みんな〜、まだココで怒っちゃダメ!落ち着いて!!

例2:(喫茶店にて)
A「あのう、砂糖を・・・。」
B「はい。あ、佐藤は外出中みたいですね。」
A「あのね、佐藤じゃなくて砂糖!!」

ハァ〜どうするよ。この冬に、一気にイヤな汗吹き出そうだよね。あとは相手が「カビ」って言ってるのに「ヘビ?」「オビ?」「ユビ?」「タビ?」「エビ?」「ノビ?」ってボケまくるとかって感じよ。(めまいがしそう)で、ボケのポイントはコレ!!(らしい)

「あなたが意識してボケてるということが、相手に分かるようなボケをしなくてはいけない」

なるほど!(っていうほどのものじゃないんだけど)ハイ次!サクサク行くよ。ツッコミについて!

「ツッコミは笑いのコーチ役。ツッコミを入れることでボケの意味をハッキリさせるのです。」

そりゃそうだけどさ!!

「従ってボケを理解し、自分もボケられなければツッコミはできないのです。」

だって!さ!でもコンビってボケがネタ考えてることが多いよね?わりと。それはツッコミがネタ作れないからだったりするじゃない?どうなのよ?ツッコミはボケができないとっていうのはさ!いちがいに言えないよ!と思いました。僕は。ボケとツッコミのチャプターはこんな感じ。・・・ってオイ!全然役に立ってないよ!我に返ると驚くくらいにね!これ読んで漫才できるかっていったら絶対できないし!

最後にコラムにのってた回文を。(無理にまとめ)

「吉田お乳お出しよ」「プツリとすたれたストリップ」 「ルリ子は好きしかしキスはこりる」

えっ?全部シモ系?・・・・・。2000年もゲット!ユーモア!(意味はないの)

〜とっぷへもどる〜

PAGETOP