幸福を呼ぶネックレス<Vol.6 アノ商品の新情報!(1/1)>

● アノ商品の新情報!

ちょっとォ、見た?アレ。正しいアメっ子(ジュビア風)は、もうチェック済みかな?でもまだの人も2万人はいそうだから教えてあげる。

そう、また幸運を呼ぶネックレスがスンゴい広告だしてたのよ。もう公正取引委員会から(?!)怒られそうなヤツを。僕が買う時に見た広告は、女の子の雑誌に出てたものなのね。でもこれが男性雑誌(例:パチンコ系)の広告となると別バージョンになってんのよ。あと、番組ガイド系雑誌でも!

まず、商品がキーホルダーのみ!でも、デザインが何種類もあって、メッキ感溢れてて、米入り(名前入り)って点は同じね。でも値段が高いの!ネックレスの倍以上よ。その理由は、たぶん僕が始めに見た雑誌よりも、年齢層が高いからじゃないかな。大人だと高くても買えるでしょ。(あ、ちゃんと分析しちゃった

で、そういう雑誌では男が女と一緒に札束に囲まれてる写真が出てんのよ。タレ込み情報によると、3種類あるらしいよ、そういう構図の写真が。最新のは男と女がバスタブに入ってて、水のかわりに万札がいっぱい入ってるヤツなんだって。う〜ん、キテる!で、体験談がさらにキテるワケ。

まず、すげ〜えデブ(ちょい朝汐さん似)の女。25歳。

「小学校の頃からイノブタと呼ばれ・・・・バイト先でもケダモノ扱いされていました」

ああ、そりゃあね。キミならね・・・って感じ。そんで入手後、「読売新聞に就職が決まり・・・」ってオイオイ固有名詞だしちゃってるよ。いいのかね?そんで「配達先のお客さんが今の主人(2枚目。お約束)です」ってオチなんだけどね。やっぱり。

次。「ロス在住、Oさん31歳」の男。

「ギャンブル好きがたたって850万あった借金(当時市場の魚屋で勤務)」しかしコレを買ったら「何をやっても負け知らず」で、いろいろ当たりまくり!最後にラスベガスで1200万ドル(15億)当てて、「ビバリーヒルズ(ひばりが丘でなくって)に豪邸を購入。移動は運転手付キャデラックリムジン」「クルーザーを現金で購入」「月に2、3回はモデル級の女を集めて船上パーティー」「日本の女とロサンゼルスの女の間を行ったり来たり」

だってよ!いいねぇ〜、言論の自由って!!!!ニホンはヘイワ!ってゆーか、モデルの女ってなによ?モデルではないんでしょ。じゃ、やたら背だけデカイとか、そうゆうこと?そんで体験談のシメが「日本に来ては銀座のクラブで豪遊。1回のこずかいは300万円と決めている」だよ。泣かせるね〜。いっぱいいっぱいなカンジでね。でも仕事してないみたいなんだよね、この人。この勢いでカネ使ってたらまた減るっつーのが分かってないとこが気に入ったね、僕は。1回やった過ちを繰り返す人ってステキ。

でも一番気に入った体験談はコレ!!アメリカ人よ!!ホント、お気に入りだから全文紹介するよ!

「カリフォルニア州Fさん 失業してコカインに手を出し、家族や友人にまで見捨てられホームレスだった私が、ダウンタウンで身なりの上品な老紳士に出会い、彼のくれたキーホルダーを手にしてからというもの、不思議な幸運の連続でした。4万ドルのチケット(なんの?)を拾い、これを警察に届けたところ落とし主である社長から仕事とアパートの提供を受け、今では社長の右腕として年収20万ドル!8ヵ月前までホームレスだった自分が信じられません!」

僕も信じらんないよ!だって8ヵ月前までホームレスだったのに、なんでもう年収わかってんの?年棒制

〜とっぷへもどる〜        〜次のページへ〜

PAGETOP