第2節名波浩(ジュビロ磐田/元日本代表)

第2節
名波 浩(ジュビロ磐田/元日本代表) 〜1998 フランス・ワールドカップ着用ユニフォーム

 名波 浩。その一般的なイメージは、ちょっとクールでマイペースなレフティ。言わずと知れた日本屈指のMF(ミッドフィールダー)だ。
 なぜカレとオレが知り合いなのかって? 実は、名波とオレは同じ歳で、おまけにカレは大のお笑い好きなのだ。数年前、ボキャブラが大ブームだった頃、富士急ハイランドでボキャブラライブなるものが行われた。そのチケットが手に入らないかと、名波は知っているお笑い芸人に声をかけていた(らしい)。そして廻り廻って、オレのところに連絡が来たのだ。オレがサッカー好きというのが芸人仲間に知られていたからだろう。オレは1も2もなく、チケットをとることを約束した。そしてひとこと。
「チケットとってやるから、ユニフォームくれよ」
 ライブ当日、名波はシルバーのベンツでやってきた。そしてふらりと楽屋に現れた。お笑い芸人の集う、だだっ広い楽屋で、カレは完全に浮いていた。ついでに、芸人とスタッフたちの車が並ぶ駐車場で、カレのベンツも完全に浮いていた。手にした紙袋の中には、無造作にジュビロ磐田のユニフォーム。そして、このワールドカップのユニフォームがあった。


天才ミッドフィルダーがみせる、オレとは違うこだわりとは…

 ワールドカップのユニフォームは、選手ひとりにつき5枚ずつ支給されたという。しかし、家族や親しい人にあげ、既に手元には残っていないと名波は言った。
 それではあまりに悪い。いくらなんでも申し訳ない。ユニフォーム集めに情熱を傾けているオレだって、それをねだるのは気が引けるというものだ。
「悪いから、いいよ」
 オレはかなり素直になっていたと思う。
「別にいいよ。もう使わないし」
 名波は、どうやら思い出のユニフォームなどというモノには、あまりこだわらないヤツらしい。これはあくまでもオレの見解なのだが。
 オレとの共通点を探すとすれば、お笑いが大好きなところと、ちょっと偏屈なガキ大将気質かもしれない。ただし、オレは、ユニフォームに対する執着心がカレと違い、かなり強いのだ。


「ユニフォームに抱かれて」TOP へ


関連リンク
 もっと知りたいあなたのために…
・名波浩オフィシャルサポーターズクラブ「レフティ」
 http://www.lefty773.com/index.html
・2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会
 http://www.jawoc.or.jp/index_j.htm

PAGETOP