ニュース

news

2019.06.12

2019年6月10日(月) 太田プロ月笑ライブ報告

6月の月笑は、梅雨のじめじめ気分を吹き飛ばす、明るくてアットホームなライブになりました。

開演前と終演後のロビーでは、マシンガンズ滝沢が新刊発売サイン会を開催。今作の「ゴミ清掃員の日常」は、滝沢が原作・構成し、滝沢の妻が作画を担当した異例の漫画!ゴミ清掃芸人・滝沢だからこそ伝えられる情報を、滝沢の妻が柔らかなタッチで描いており、ゴミ情報と夫婦愛に溢れたあたたかい作品です。

前説は、先月に引き続きシンテンチが担当する。日本人と、日本人とウガンダ人とのハーフのコンビ。ハーフならではのネタも取り入れながら、会場をあたためた。

シンテンチ
シンテンチ

本日のMCはレギュラーメンバーから選出されたインスタントジョンソン、アシスタントは杉浦琴乃が担当する。

MCタイムマシーン3号、アシスタント笹木香利
MCタイムマシーン3号
アシスタント笹木香利

MCはタイムマシーン3号、笹木香利がアシスタントを担当する。雨の中、来てくださったお客さんに感謝の気持ちを伝えるMC陣。梅雨の時期は「天然パーマ族は辛い」とタイムマシーン3号山本が嘆く。

TOKYO FMホールの話になると、笹木は「お客さんとの距離が近くていい」、山本は「笑いやすい空間」などと感想を述べる中、関は月笑常連のお客さんに「相変わらず(ステージの)左右に立っている棒みたいなのよく分からない」と話しかけ、笑いを誘う。

また、宮下草薙の活躍や、先月の月笑で青色1号が初優勝を飾ったことから、入れ替わりが激しいという話になる。関が「確かに…。全く新宿カウボーイに会えない!」と嘆くと、山本が「続々と新ネタをつくっていますから!」とフォローして、新宿カウボーイファンを安心させた。

早速、G2コーナーからネタバトルスタート!
ノブナガ/ジョウダンアオナナテンパイ/ナナフシギ/マシンガンズ/パニーニ/ぐりんぴーす/さすらいラビーの7組が登場する。

トップバッターのノブナガは、休みの日の過ごし方をテーマにした軽快な漫才で、ライブに弾みをつける。ジョウダンアオナナテンパイは、勝呂が「ルパンのような大泥棒になりたい」と願望を語る。毒づいたり褒め合ったり、ふたりの心地よいテンポ感に、観客は心を奪われる。ナナフシギは、タイムマシーン3号と同期の41歳・吉田が「売れていない芸人には時間がない!」と自虐する、焦り漫才。マシンガンズは、つかみから本ネタに入る流れではなく、アドリブ感満載のマシンガントークな漫才を披露する。滝沢のスマホのアラームが鳴り「3分経ったんで帰ります!」と、制限時間をきっちり守る。パニーニは、「細かいものまねでじわじわ笑っていただきたい」と、“最初の一杯目が生ビールじゃない人の手の高さ”など何気ない日常の一コマもネタに昇華する。ぐりんぴーすは、思わず胸が熱くなる「グッとくるシーン」を題材にした漫才をする。さすらいラビーは、就職活動中の大学生の男女の会話で、キャラを演じながらもリアルティのある漫才を繰り広げた。

ノブナガ
ノブナガ
ジョウダンアオナナテンパイ
ジョウダンアオナナテンパイ
ナナフシギ
ナナフシギ
マシンガンズ
マシンガンズ
パニーニ
パニーニ
ぐりんぴーす
ぐりんぴーす
さすらいラビー
さすらいラビー

ここでゲストコーナーとなり、『街裏ぴんく』(トゥインクル・コーポレーション)が、嘘ばかりの「架空漫談」を披露した。

次はレギュラーコーナーで、ダーリンハニーが登場する。電車好きの吉川とイギリス好きの長嶋の趣味を融合させたネタで会場の笑いを誘う。

ダーリンハニー
ダーリンハニー

企画コーナーは、『第4回!太田プロマニアックものまね選手権!』が開催された。トップバッターのさすらいラビー・中田は、アメリカのホームドラマで、娘の外出に反対する父親が娘からの思わぬ反撃を受ける様子を熱演する。サイクロンZは、ダイレクトにプリンを食べる人。納言・安部は“デジモン”に登場するアグモンのものまね。小学生トッジボールチーム事情に詳しいストレッチーズ・福島は、あるチームの小学生の目が離せないアタック。タイムマシーン3号の関が「くじらさんを継ぐ男が現れましたね」と、太鼓判を押す。ナナフシギ・吉田は、集合場所に一人だけ自転車で来た人。青色1号・榎本は、東京ディズニーシーのアトラクションの若手キャストとベテランキャストの違い。納言・幸薄(すすき みゆき)は、新宿駅東口の喫煙所で声をかけてきた女性。青色1号・仮屋は、“午後のロードショー”(テレビ東京)の今後のムービーラインナップ紹介。ディフェンディングチャンピオンのストレッチーズ・高木は、フードファイターの魔女・菅原とドクター・西川のやりとりで勝負する。

この9人の中から、『第4回!太田プロマニアックものまね選手権!』をお客さんの拍手(一人一回のルール)で決定する。その結果、青色1号・榎本が優勝し、アンコールネタを披露した!

さすらいラビー・中田
さすらいラビー・中田
サイクロンZ
サイクロンZ
納言・安部
納言・安部
ストレッチーズ・福島
ストレッチーズ・福島
ナナフシギ・吉田
ナナフシギ・吉田
青色1号・榎本
青色1号・榎本
さすらいラビー
納言・幸薄
青色1号・仮屋
青色1号・仮屋
ストレッチーズ・高木
ストレッチーズ・高木

この9人の中から、『第4回!太田プロマニアックものまね選手権!』をお客さんの拍手(一人一回のルール)で決定する。その結果、青色1号・榎本が優勝し、アンコールネタを披露した!

結果発表
結果発表

 

次は、いよいよG1コーナー!
サイクロンZ/火災報知器/宮下草薙/ストレッチーズ/納言/やさしい雨/青色1号の7組が登場!

サイクロンZは、リハーサル中にミスを連発する弟子に、大御所マジシャンがクレームを出す。火災報知器は、取引先の会社の前まで来ているのに大事な書類を入れたリュックを失くしてしまった後輩・小林を叱る高松。この後、思わぬ展開になる!宮下草薙は、先輩からバーベキューに行こうと誘われた草薙。宮下にバーベキューの詳細を教えてもらうと、心配になり、ネガティブ妄想で発狂する!ストレッチーズは、人づてに福島の初恋の相手・みゆきちゃんから連絡があった。喜ぶのかと思いきや、福島はあることに恐れていて…。納言は、酒とたばこが大好きな幸薄(すすき みゆき)が、喫煙所で男性にライターを貸すと口説かれるのではないかと危惧する。やさしい雨は、既婚者のすみれ(松崎)と後輩 “目黒くん”(吉本)の危ういながらも一線を越えない出張先での出来事。青色1号は、飛び降り自殺をしようとする人を地上から必死で止める榎本。その姿を目撃した警備員・上村と仮屋は、榎本が呼びかける目線の先に驚く!

サイクロンZ
サイクロンZ
火災報知器
火災報知器
宮下草薙
宮下草薙
ストレッチーズ
ストレッチーズ
納言
納言
やさしい雨
やさしい雨
青色1号
青色1号

ここでゲストコーナーとなり、『じゅんいちダビッドソン』(アミー・パーク)が、観客参加型の「本田の英会話教室」を開催!

最後はレギュラーコーナーで、タイムマシーン3号が漫才を披露する。人里離れた旅館で起きた怪奇現象の数々を関が語るのだが、観客の脳裏に浮かぶ「?」を笑いに変換させる山本のツッコミも秀逸だ!

タイムマシーン3号
タイムマシーン3号

エンディング

終演後のロビーでは、青色1号・やさしい雨・納言・火災報知器の4組のグッズが販売された。それぞれ、本日のネタがモチーフとなった2種類のグッズ(Tシャツとトートバッグ)を自らの手で販売する。エンディングトークでは、初の試みに「(グッズになった)このセリフ、飛ばせないから緊張して緊張して…」などの裏話も飛び出していた。

また、 “AbemaTV”の番組制作権争奪リアリティーショー「クリエイターズファンディング」内で、優勝は逃したものの高評価を得たノブナガ信太が、クラウドファンディングで支援を募集中。「家族」をテーマに、社会が抱える問題を提起しながら、信太がどのようなエンタメにしていくのか気になる作品となっている。

これからも、太田プロ芸人の幅広い活躍にご期待ください!次回の月笑は、半蔵門のTOKYO FMホールにて7月8日(月) 19時開演です。ご来場、お待ちしています!(ライター:西田有希)

西田有希:1982年徳島県生まれ。2008年に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞をきっかけに、本格的に執筆活動を開始。またお笑い界にも精通しており、ライブリポートも数多く発表している。著書に第3回JUNON恋愛小説大賞受賞作品を収めた「ファン」(主婦と生活社)がある。